忍者ブログ
 30年ぶりに復活した隊長の電子工作指令本部
今度のネタは、自作テーマの定番の一つ、アンプです。
いよいよという感じですが、昔一度だけ作ったことがあります。もちろんアナログです。
確か、山水のアンプのカタログにダイヤモンド差動(ダイヤモンドバッファではない)とかいう差動回路が載っていて、それに対する憧れから見よう見まねで回路を組んだ記憶があります。
一応鳴りはしましたが、ハム音が聞こえるし、音楽ソースもスピーカーもさして良いモノを持っていませんでしたから、ちゃんとした評価も出来ませんでした。というよりその回路が動いただけで大満足でした。
今回は現代の利器?デジタルアンプ、しかもD級というだけでなく、フルデジタルアンプに挑戦してみようと思います。多分、力を入れたアンプはコレが最後になると思われるのでまじめにやります。
というわけで現在下図の構成で設計しております⇒製作完了しました。下図は最終版です。

 HC001.png 

DSCN2059.JPG DSCN2061.JPG リモコンは小型の物を調達

DSCN2039.JPG DSCN2034.JPG シールド板外したところ

 DSCN2052.JPG 既製品にも引けを取らないQuality(のつもり)

DSCN2050.JPG ちなみに最近のUSBメモリは4GBでもこんなに小さい

ただ、昔と同じく、スピーカーがないんですよねぇ。。
てか、買ったとしても、小型のしか置けないんですねぇ。。これが。。
小型でもいいから、既製品を買うか、いや人生で多分最後と思ってちゃんとしたの作るか・・
悩み中です
⇒スピーカーは、「RadiusHD R90HD-WH」というモデルを購入する事にしました。
ただ、メーカーに在庫が無く納入待ちの状態です。。


⇒スピーカー届きました。

Monitor Audio R90HD WH

いや~ 素晴らしいです。 このスピーカー。
いやアンプが?どちらもでしょうか。。。とにかくスピーカーは確かに素晴らしいです。

DSCN2088.JPG モニターオーディオ R90HD ホワイトにせよとの命令でした

ユニットはハイ・ロー共にメタル製ですが、妙なクセなど全く無く、クリアで自然な音を奏でます。
この元気といいますか若々しいといいますか、好みの音色なので買って正解でした。
そして、このクラスになると定位がしっかりしているので見事な音像を形作ります。
なので、音はスピーカからは聞こえず、両スピーカーの真ん中の方からしか聞こえてこないです。
同じ価格帯のコンポとは別格の音でね。さすがです。(ちょっとお高いですが・・
てか、これはアンプが良いためでしょうか・・(そういう事にしておきましょう

 

拍手[13回]

PR
隊長

ブログ内検索

Copyright © [ The 電子工作 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]