忍者ブログ
 30年ぶりに復活した隊長の電子工作指令本部
1枚辺りの画像表示時間は、元画像の圧縮パラメータやサイズに大きく影響されるため、
一概にどの位と言うのは難しいです。例えば、
・1280x960(ブロックサイズ8) の、ソコソコ高画質なファイル:2秒程度
・640x480(ブロックサイズ8)の、かなり高画質なファイル:8秒程度

表示時間が早い写真でも、幕が下りるような感じで、目に見えて切り替わります。
フォトフレームなので許されますが。。

ちなみに、手元にある2年位前に購入したソコソコ良いデジカメで、640x480 で普通に
撮った写真ですと、大体1.8秒位です。

画質は、192GC02の性能に左右される所が大きいですが、基本的に綺麗ですが、まぶしく
テカるような映像の写真では、ちょっと画質が悪く感じて見える場合も、たまにあります。
画質が悪く感じるケースについて、ソフト(JPEGデータ or libjpeg)側の話なのか、LCD側の
話なのかは、まだよく検証していません。
総合的には、まずまずといった所でしょうか。。

CIMG0041.JPG 少し青っぽいのは、写真自体が青っぽい為です(忠実です)

しかしながら、ここに来て、別の難点が発覚しました。隊長!。
ケータイの液晶だからなのでしょう。特定の方向からは極端に見えにくいのです。
ケータイの中にある時は多分、上からの方向だと思いますが、本作では左側からの
方向になります。
横からになると、殆ど見えません。それ以外の方向からだと良く見えます。
CIMG0045.JPG  30度くらい横から見たところ、ほぼ真っ黒です。

CIMG0046.JPG 上と同じ写真を、同じ位の角度で、反対から見たところ

ん~、まぁいいでしょうとしか言えませんが、、まぁいいでしょう。
そう言えば、LCDって、買う時点でサイズ等は判るものの、このような視野角特性は
判らないというか、説明無いのが殆どですね。

そういう訳で、気をつけましょう。
それと、前章にも少し書きましたが、再度書いておきます。

1) ファイルによっては、メモリ不足で表示出来ない場合がある
特に、変換や加工ツールを通すと、ブロックサイズが変化する場合が、多々あるため、
同じ画像サイズであっても、メモリ不足になり、表示されなくなる場合があります。
この場合、エラーを示す紫で、画面全体が塗りつぶされます。

メモリ不足になるのは、ブロックサイズに対し、縮小率が小さい 場合に発生します。
なので、大抵の場合、画像サイズを大きくすると、逆にメモリ不足が解消され、正常に
表示されるようになります。

2) LCDのアスペクト比(320x240)と同じはずの画像なのに、ぴったり縮小されずに
黒枠が表示される。
LCDのアスペクト比が、その画像のDCTブロック数の整数倍になっていないためです。
本作では、libjpegの簡易縮小機能を使っているので、シームレスなぴったり縮小が
出来ません。
この様な場合、画像ツールを使って、LCDのアスペクト比の整数倍へリサイズした後、
一旦、PNGファイル等の可逆型形式へ変換し、再度JPEGへ変換し直す事で、比率を
合わせることが出来ます。

 

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
隊長

ブログ内検索

Copyright © [ The 電子工作 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]